洗顔後の水分の蒸発をあなどらない。シュセラモイストゲルで対策を。


皮膚のお勉強

皮脂が溶ける温度は、41〜42度と言われています。

ですから、クレンジング剤を使ったうえに、お湯で流すと、皮脂はほとんど取り除かれてしまいます。

また、お湯は蒸発しやすいため、洗顔を終えると、表皮についていた水分がとんでしまい、肌はあっという間に乾燥します。

その繰り返しが肌のトラブルや老化の原因になるのです。

まず、皮脂の分泌量は顔のゾーンによって違うことを理解しておきましょう。

ご存知のとおり、皮脂の分泌量が多いのはTゾーンです。

ここは、洗顔してもすぐに皮脂の分泌が始まり、2時間もするともとに戻ります。

一方、目の下の皮脂の薄いところは、皮脂が戻ってくるのに48時間もかかるのです。

48時間というとマル2日。

普通に生活していて、2日間も顔を洗わないということはないでしょう。

そのため目の下は、洗うたびに皮脂が奪われ、乾燥して、シワやシミができやすくなるのです。

ですので、洗顔は皮脂の分泌量に合わせてするのが基本。

念入りに洗うのはTゾーンのみでいいでしょう。

あとの部分はこすらずにサッと流すだけでOKなのです。

そして、お湯ではなく水で流すことで皮脂が溶け出さず、浮き上がった汚れだけを落とすことができるのです。

洗顔後のお顔は、シュセラモイストゲルで乾燥肌の対策を。


シュセラモイストゲル【ぷるぷるオールインワン】口コミと通販の最安購入法 トップページ

FX業者