肌に直接影響する2つの紫外線


肌に直接影響する2つの紫外線

紫外線を防いでシュセラモイストゲルでケア

いくらシュセラモイストゲルで美肌を仕上げても、

紫外線を浴びてしまっては元も子もありません。。。

そんな紫外線、種類があるってご存知でしたか?



スキンケアで忘れないで欲しいのが紫外線のケアです。

メイクをしない日でも、紫外線をさけるためにUVクリームをぬることだけは欠かさないでください。


そもそも紫外線は、生物にとって有害な光線です。

そのため、私たちの体には、紫外線の攻撃から肌を守るための防御機能があります。

実は日焼けも肌のバリア機能のひとつです。


紫外線はUV−AとUV−B、UV−Cという3種類の光線から成り立っています。

肌に影響を与えるのはUV−AとUV−Bの2つです。



紫外線の2つの光線、UV−AとUV−Bは波長の長さが違います。

肌にすぐ影響するのは、波長の短いUV−Bのほうで、日焼けもUV−Bによって起こります。


UV−Bをあびると、表皮の一番下にあるメラノサイトという色素細胞が刺激されます。

刺激されたメラノサイトは多量のメラニン色素を生成します。

そのため肌が黒くなるのです。


一方、UV−Aのほうが波長が長く、すぐには影響は出ませんが、肌の真皮にまで浸透し確実にダメージを与えていきます。


真皮の厚さと、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンといった繊維に悪影響を与えます。


そのため肌の弾力は失われ、シワやたるみをまねいてしまうのです。



王様文庫 三笠書房
肌がみるみる綺麗になる!大人の「スキンケア」新法則
平田雅子著
P103 より引用


シュセラモイストゲルで紫外線対策と美肌形成を。


シュセラモイストゲル【ぷるぷるオールインワン】口コミと通販の最安購入法 トップページ


FX業者