角質除去による美白はメリットもデメリットも

角質除去による美白はメリットもデメリットも

オールインワンクリームはデメリットもある?

年齢とともにターンオーバーのスピードはだんだん遅くなり、古い角質が肌の上にとどまってくすみをまねきます。

ある程度の年齢になったら、定期的に角質除去をして肌をリセットするのはいいと思います。


ただし、そのときに注意してほしいのは、その頻度です。

とくに、ピーリング作用のある成分、AHA(アルファヒドロキシ酸)やBHA(ベータヒドロキシ酸)、またフルーツ酸(リンゴ酸、クエン酸など)などをつけすぎると肌が乾燥してしまいます。


もともと、ピーリングは、古い角質を溶かして強制的に取り除くという行為です。

それによって、新陳代謝がうながされて肌のターンオーバーがはやまります。


同時に、美白化粧品にはメラニン色素に働きかけるような美白成分配合の美容液が投入されています。

肌がつるっとして白くなったような感じを得られるのはこのためです。


自然のターンオーバーではなく、美容液によって無理やり角質を取り除くために、毎日繰り返すと、肌そのものが薄くなり、バリア機能も落ちていきます。


シュセラモイストゲルで地味に仕上げていくのも一つの手法かもしれません。

シュセラモイストゲルで角質除去後のケアを。


王様文庫 三笠書房
肌がみるみる綺麗になる!大人の「スキンケア」新法則
平田雅子著
P112〜113 より引用


シュセラモイストゲル【ぷるぷるオールインワン】口コミと通販の最安購入法 トップページ

FX業者